movie コメディ 勇気が湧く 心が温まる 音楽

【20代から30代向け】絶対観るべき!おすすめ洋画厳選5作品

こんにちは。mikuriです。
今日は、20代から30代のミレニアル世代の方に是非、観て欲しい!『絶対観るべき!おすすめ洋画厳選5作品』のご紹介です。なぜ、20代から30代なのかというと、日々に思い悩んでいたり、これからどう生きていくのか、考える時期だと思うんですよ。次に挑戦したいことがあるけど、勇気なくて踏み込めなかったり、毎日月曜日から金曜日まで家と会社の行き来だけで、たまに友達と出かけて遊んだりはしても、ただ消化する日々を過ごしていくだけのように感じたり。

もちろん、20代から30代の世代に決めつけなくても、人それぞれ誰しもが悩みを抱えたりしているとは思うのですが、今回はあえて、ミレニアル世代の方に向けておすすめしたい洋画をピックアップしてみました。では、早速ご紹介します。

◾️関連記事はこちら


スポンサーリンク

Sponsored Link

目次

しあわせはどこにある

(写真 amazon.co.jp)

・製作国:イギリス
・公開:2014年
・監督:ピーター・チェルソム
・キャスト:サイモン・ペグ、ロザムンド・パイク、トニ・コレット、ステラン・スカルスガルド、ジャン・レノ、クリストファー・プラマー

ロンドンの精神科医として働くヘクターは、才色兼備の恋人クララと暮らし、不満ない日々を送っていたが、次第にヘクターは「幸せとは何か」と疑問を抱くようになった。そこで「幸せとは何か」自分なりの答えを探すため、全世界を旅することを決意。旅する中で出会った人たちから、幸せのヒントとなるキーワードをもらいながらも、ヘクターは最後に自分にとっての「幸せ」を見つけだすことになる。

コメディ要素もありますが、全体的に穏やかなストーリー展開で、ほっこりした気持ちで観ることができます。最近は、SNSの流行などもあり、人の意見に流されやすくなりがちですが、自分の好きなことってなんだろう。幸せってなんだろうと。改めて考えることができる、おすすめの映画です。

僕らのミライへ逆回転

(写真 amazon.co.jp)

・製作国:アメリカ合衆国
・公開:2008年
・監督:ミシェル・ゴンドリー
・キャスト:ジャック・ブラック、モス・デフ、ダニー・グローヴァー、ミア・ファロー

古びたレンタルビデオ店で働くマイクのもとに、発電所で感電したという全身に磁気を帯びた親友のジェリーが訪れ、磁気のせいで、店中のビデオの映像を消してしまう。2人は、ホームビデオでリメイク作品を撮影し、この重大事態を乗り切りるが、思いの外このリメイク作品が大評判になり行列ができるほどであった。人気が町中に知れ渡ることで、またさらなる問題が発生、さらに、街の再開発で、店の取り壊しの危機などもあり、街中の人を巻き込んだ話になっていく。

街角にあるVHSしか置いていない古びたレンタルビデオ店を舞台に、奇想天外なストーリー展開と、ジャック・ブラック演じるジェリーと、モス・デフ演じるマイクの掛け合いが、可笑しく面白い、でも最後は、ほろっと涙してしまうような、心温まる作品です。


スポンサーリンク

Sponsored Link

はじまりのうた

(写真 amazon.co.jp)

・製作国:アメリカ合衆国
・公開:2013年
・監督:ジョン・カーニー
・キャスト:マーク・ラファロ、キーラ・ナイトレイ、ヘイリー・スタインフェルド、アダム・レヴィーン、ジェームズ・コーデン

過去の栄光を失い、妻や子供からも見放された酒浸りの音楽プロデューサーのダンは、ある日バーで、歌っていたシンガーソングライターのグレタに出会いアルバム制作を提案する。この時、グレタは歌手として有名になったスティーヴに浮気され振られ、歌う気力を失っていたが、ダンの熱意ある誘いから少しずつ元気と取り戻していき、2人はアルバム制作を始める。

全米5館で上映する予定が、口コミで話題を集め、1300館で上映されるほど人気を獲得した作品で、個人的にお部屋デートで観るのにおすすめです。音楽映画で有名なジョン・カーニー監督が手がけるだけあって劇中歌がストーリーを盛り上げてくれます。マルーン5のアダム・レヴィーンが主人公グレタの元恋人役として登場したことでも知られていますね。
こちらの映画はamazonプライム会員は無料で観ることができます。
登録はコチラから
↓↓↓↓↓

Amazon Prime無料体験の新規登録

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ

(写真 amazon.co.jp)

・製作国:イギリス
・公開:2016年
・監督:ロジャー・スポティスウッド
・キャスト:ルーク・トレッダウェイ、ルタ・ゲドミンタス

青年ジェームズは、薬物中毒から抜け出したくても抜け出せず、将来の希望もなく、困窮から、路上生活を送ることになる。そんなジェームズの前に野良猫が現れ、ジェームズはボブと名付ける。ボブと出会ったことで、ジェームズに変化が訪れ、困窮や薬物中毒、そして家庭環境など様々な問題を抱えながらも人生を取り戻してく、ストーリーが始まる。

原作は、「ボブという名のストリート・キャット」であり、主人公ジェームズ・ボーエンの伝記映画です。登場しているボブ役の猫も、実在のボブが演じているそうで、ジェームズ・ボーエン自身も劇中のあるシーンで登場しています。実話だからこそ、2人の奇跡的な出会いに心を打たれ、観てよかったと思える映画です。
こちらの映画はamazonプライム会員は無料で観ることができます。
登録はコチラから
↓↓↓↓↓

Amazon Prime無料体験の新規登録

スポンサーリンク

Sponsored Link

スクール・オブ・ロック

(写真 amazon.co.jp)

・製作国:アメリカ合衆国
・公開:2003年
・監督:リチャード・リンクレイター
・キャスト:ジャック・ブラック、ジョーン・キューザック

ロックを全身全霊で愛するヒューイと、名門ホレス・グリーン学院の生徒たちが、バンドを結成し、バンドバトルを目指し奮闘するストーリー。ロックを愛しすぎるあまり、勝手な行動を繰り返しバンドをクビになったヒューイが、友人のネッドに黙ってなりすまし、臨時講師として、名門ホレス・グリーン学院で勤務することになる。真面目で学院の規律を重んじる生徒たちは、勉強も教えず奔放すぎるヒューイに戸惑いを隠せないが、次第に心を開いてき、ヒューイも生徒たちの隠れた才能を見出していく。

最後の生徒とヒューイのバンドが最高で熱くなれる作品です。また、悩みを抱えた生徒たちの心をロック魂で紐解いていくヒューイの姿に、観ている私たちの心にも響き、勇気をもらえる映画です。こちらの映画はamazonプライム会員は無料で観ることができます。
登録はコチラから
↓↓↓↓↓

Amazon Prime無料体験の新規登録

スポンサーリンク

Sponsored Link

是非、お休みの日のストレス解消や、映画でほっこりしたい時などにいかがでしょうか。観終わった時に、何か心に響くものや、観てよかったと思えていただけたら嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございました。

◾️関連記事はこちら

Sponsored Link
Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mikuri

普段はみなとみらいで派遣社員をしている28歳です。好きなことは買い物、食べること、映画。最近rollei35フィルムカメラを購入してバシャバシャ撮ってます。

-movie, コメディ, 勇気が湧く, 心が温まる, 音楽

Copyright© For Millennials web , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.