cocktail osake

有名人も愛した"カクテルの王様"マティーニとは

bar店員が教える『bar初心者の方必見!barで緊張せず楽しむ為のカクテル講座』の時間です!!

今日は、カクテルの王様とも呼ばれる『マティーニ(Martini)』をテーマに、材料や、作り方だけでなく、王様と呼ばれ長年愛されるワケ、マティーニ好きの著名人など、歴史を紐解きながら、ご紹介していきたいと思います。

◾️カクテル関連記事はこちらから


【女性におすすめカクテル】ブルー色が魅力のチャイナブルーをbarで飲もう

bar店員が教える『bar初心者の方必見!barで緊張せず楽しむ為のカクテル講座』の時間です!! 本日は、鮮やかなブルー色で、すっきり飲みやすい。女性の方や、お酒が苦手な方でも飲みやすい『チャイナブル ...

スポンサーリンク

Sponsored Link



マティーニがカクテルの王様と呼ばれるワケ

お酒が苦手な人でも、一度は聞いたことがある。という方も多くいるのではないでしょうか。映画にも多数登場し、「カクテルは、マティーニで始まり、マティーニで終わる。」という言葉があるほどです。

ージンと、ベルモットを混ぜ合わせただけのシンプルなカクテルが、
数多くあるカクテルの中でも、"王様"と呼ばれ続けるのか。ー

それには、バーテンダーの強いこだわりが隠されていることにあります。シンプルだからこそ、誤魔化しがきかない。銘柄や分量次第で全く違った味になる『マティーニ』は、バーテンダーの腕が試されるといわれ、客通しでも、どこのbarのマティーニが美味しいか、材料や、分量などについて熱く語り合う"マティーニ論争"という言葉があるほどです。

その他にも、様々な逸話があるとされているマティーニ。是非この後もまだまだ紹介しているので、ご覧ください。

スポンサーリンク

Sponsored Link

マティーニの材料

◆材料(ベース)◆
ジン(Gin)


スポンサーリンク

Sponsored Link

【ジンとは】
ジン・・・大麦、ライ麦、とうもろこし、じゃがいもなどを原料とした蒸留酒。産地によって、種類が異なるのもジンの特徴の1つ。
・ドライ・ジン(Dry Gin)
(主産地:イギリス、ロンドン)
(別名:ロンドン・ジン、イングリッシュ・ジン)
ジンといえば、ドライ・ジンと言われるほど、ジンの主流とされています。ドライジンはスッキリとしたキレのある味わいで、カクテルの材料として使われることが多く、ギムレットや、マティーニなど、名カクテルに多く登場します。

◆材料◆
・ドライ・ジン・・・45ml
・ドライ・ベルモット・・・15ml
・オリーブ・・・1個

スポンサーリンク

Sponsored Link

マティーニの度数や、作り方

◆度数◆
・35〜40度
◆作り方◆
(1)ドライ・ジン、ドライ・ベルモットを※ミキシンググラスに入れて、ステアする。
(2)カクテルグラスに注ぎ、オリーブを飾って完成。

※ミキシンググラス・・・カクテルを混ぜ合わせる時や、透明に仕上げるときに、使う大きめのグラスのこと。


スポンサーリンク

Sponsored Link

マティーニを愛した著名人たち

ジェームズボンド マティーニ
◆イギリスの元首相ウィンストン・チャーチル◆
歴史上、最も偉大なイギリス人とされる"イギリスの元首相ウィンストン・チャーチル"もマティーニを愛したとされる1人。彼は、マティーニを超える辛さが特徴の※エクストラ・ドライ・マティーニを好んだとされています。
※エクストラ・ドライ・マティーニ・・・ドライ・ジンをほとんどストレートで仕上げている。

◆映画007 ジェームズ・ボンド◆
映画007での「Vodka Martini. Shaken, not stirred.(ウォッカマティーニを。ステアせずにシェィクで)」というセリフはもう有名ですよね。ジンの代わりにウォッカを使い、さらにステアではなくシェイクでという変わった注文方法が観る人の心に残り、映画007シリーズでは定番のセリフとなりました。

スポンサーリンク

Sponsored Link

マティーニだけで何百の種類が存在する!?

マティーニには、チャーチル首相が愛したエクストラ・ドライ・マティーニ、映画007シリーズで登場するウォッカマティーニ以外にも、何百種類ものマティーニが存在しており、マティーニがカクテルの王様と言われる理由の1つでもあります。

今日は、数ある中で有名なマティーニのバリエーションをご紹介します。

◆ダーティー・マティーニ◆
オリーブジュースが入る。
◆サケ・マティーニ◆
ジン、またはベルモット、どちらかの代わりに日本酒が入る。
◆ギブソン◆
オリーブの代わりに、カクテルオニオンを飾る。

以上、国際バーテンダー協会の公認カクテルとされ、"世界で最も知られるカクテル"の1つ、マティーニの紹介でした。

ジンを使った強めのカクテルなので、簡単におすすめはできないですが、お酒が強い方や、ジンが好きな方、カクテルの王様マティーニを飲んでみようという方、是非barに足を運んで味わってはいかがでしょうか。

Sponsored Link
Sponsored Link
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mikuri

普段はみなとみらいで派遣社員をしている28歳です。好きなことは買い物、食べること、映画。最近rollei35フィルムカメラを購入してバシャバシャ撮ってます。

-cocktail, osake

Copyright© For Millennials web , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.